CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
BUMP OF CHICKEN
BUMP OF CHICKEN "人形劇ギルド" (JUGEMレビュー »)

BUMP OF CHICKENの新作が“人形劇”という形でリリースされた。
アルバム『ユグドラシル』におさめられている“ギルド”をもとに藤原基央が原作・脚本を勤め、BUMPのPVでお馴染みの映像作家、番場秀一が映像プロデュースを担当。
BGMも藤原基央が作曲、演奏をBUMP OF CHICKENが担当し、完全オリジナルのストップモーション・アニメとなった。
RECOMMEND
スクラップ・ヘブン
スクラップ・ヘブン (JUGEMレビュー »)

“一瞬で世界を消す方法がわかりました”・・・・
“想像力の足らない奴が多すぎる”そんなことから始まった復讐代理人の遊び。依頼人に代わって復讐をしていくバスジャック事件で乗り合わせた2人の男と1人の女の奇妙な青春ドラマ作品。
単なる遊びだったはずが思わぬ方向へ転がり始め3人は一体・・・
RECOMMEND
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (21)
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (21) (JUGEMレビュー »)
浦沢 直樹
子供の頃に描いたことが現実に!!“よげんの書”通りに世界が変わってゆく。
世界征服をたくらむ“ともだち”の正体一体・・・??
RECOMMEND
「COMIC WORLD FUN」 バンプ・オブ・チキン 直井由文作品集
「COMIC WORLD FUN」 バンプ・オブ・チキン 直井由文作品集 (JUGEMレビュー »)
直井 由文
大人気バンド“BUMP OF CHICKEN”のベースを担当する直井由文(通称チャマ)の初の作品集。雑誌“H”にて連載されていたアートワークに未発表の作品を加えたチャマの世界を堪能出来る一冊である。BUMPの写真担当であるだけあって本当に素敵な作品だらけだった。
RECOMMEND
Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品
Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品 (JUGEMレビュー »)
Takashi Homma
舞台、映画、ドラマ、CMと幅広いジャンルで活躍している大注目の俳優“加瀬亮”の初のエッセイ+写真集。
幼少年期を過ごした米国ベルビューを旅した大人になった彼の姿や、これまでを語った彼の言葉が詰まっている。居るだけで、ほんの少し微笑むだけで空気を変える素敵な俳優だと思う。
RECOMMEND
TREE CLIMBERS
TREE CLIMBERS (JUGEMレビュー »)
木村カエラ, 渡邊忍
夏フェスでも大人気だった木村カエラのNEWSingle。“オトナコドモ”をテーマにつくられた作品は疾走感+いつものポップさよりもへヴィーな感じに仕上がっていて、Liveでも盛り上がること間違いなしの一曲である。
RECOMMEND
耳鳴り
耳鳴り (JUGEMレビュー »)
チャットモンチー,橋本絵莉子,福岡晃子,高橋久美子
大注目!!3Pieceガールズロックバンド“チャットモンチー”の1stフルアルバム。隙間の空いた、疾走感ある魅力的なサウンドが詰まっている。決して期待を裏切らない作品であること間違いなし!!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

FREE!! MUSIC PAPER

音楽を中心に、見た映像、読んだ本などを自己流で批評していきます
音楽雑誌のライターさんのまねっこみたいなサイトです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スクラップ・ヘブン
スクラップ・ヘブン
スクラップ・ヘブン



2週間ほど前にレンタルして見た映画を紹介したいと思う。



























“世界を一瞬にして消す方法がわかりました”


































――スクラップ・ヘブン――――



































正義の味方に憧れて刑事になったシンゴ(加瀬亮)。しかし現実はデスクワークばかりで、おまけに“警察が何か出来るのは事件が起こった後”それが当たり前になりかけている世の中。そんな日常にうんざりしていたシンゴ。そんな中シンゴはバスジャック事件に巻き込まれてしまった。その時乗り合わせていたのは一人の男と一人のサングラスをかけた女。そして政治家の秘書を勤めるジャック犯の男。バス、拳銃を持ったジャック犯、人質。シンゴが待っていた完璧な事件のシチュエーションだったはずなのにシンゴは何も出来なかった・・・。男は拳銃で撃たれ、ジャック犯は拳銃で自らを撃ち死亡。そして女は銃声で急ブレーキがかかった瞬間、反動で片目が落ちた・・・義眼だったのだ。
その事件から3ヶ月後。シンゴはバスジャック事件で乗り合わせた男テツ(オダギリジョー)と再会する。シンゴはテツに日々の鬱憤を『クソだろ??』とぶちまける。するとテツは『想像力が足らねぇんだよ。』シンゴは『それそれそれ!!想像力があれは俺も世の中ももうちょっとマシになってると思うんだよ。』
そんなことから『想像力を植えつけてやる』とテツがシンゴを公衆トイレへ連れ“復讐代理人”の文字を書き出した。そしてシンゴとテツによる“復讐代理人”のゲームが始まった。ルールは依頼人は身分を明かし復讐して欲しい事柄を述べる。取引成立したら復讐実行!!シンゴとテツは様々な復讐を次々と実行していった。
シンゴの警察での出来事をきっかけに復讐ゲームは思わぬ展開へ転がっていった。復讐レベルがこれまでとはまったく違う復讐を実行しそれが大きな事件へと発展してしまった。
そんな中バスジャック事件で乗り合わせたもう一人の薬剤師である女サキ(栗山千明)が公衆トイレを訪れた。以前バスジャック事件で助けられなかった事を引きずり『何か出来ないか』とシンゴはサキのもとを訪れていた。サキは親からの無理矢理な見合いを断る為シンゴを使いそれ以来二人のあやふやな関係が続いていた。サキは『全部に復讐したい』と無茶苦茶な依頼をしその場はシンゴが帰らせた。その時サキは密かに作っていた爆薬を手渡した。
シンゴとテツが引き起こした事件はどんどん大きくなっていった。そしてそこにサキが加わったこと、爆薬を手渡したことによりストーリーは想像もしない結末をむかえる。シンゴのうんざりしていた日常はどう変化したのか。想像力が導くその先は。
“世界を一瞬にして消す方法がわかりました”―――― こんなの一体誰が知っているというのだろう。








久々にぐっとくる作品を見た気がした。実に奇妙で核心のないストーリー。
“想像力のない奴が多すぎる”不思議と納得してまった。作品内でも述べられている“人の痛みを想像出来ない奴”、“その人の存在価値を想像出来ない奴”、逆に“事の面白さを想像出来ない奴”もありか。自分を含めほとんどの世の中がきっとこんな奴ばっかりだろう。全てを消してしまえばそんな想像力もいらなくなる。だがそうなったら、を想像することも出来ないだろう。
なにを訴えたいのか、どうゆうことなのか、まったく核心のないストーリーだが、そこがこの作品の味になっているのかもしれない。ただ一つだけ言えるのはこの作品を見た後はきっと“何か”をあれこれと考えさせられてしまう。内容は人それぞれだが、言葉では表せない“何か”がいつまでもポツリと残るだろう、そんな風に感じた作品だった。
ちなみにこの作品を見て加瀬亮という俳優にとても引かれてしまった。演技の一つ一つがすごく自然に見えて、彼がそこに居るだけで、ほんの少し微笑むだけで、ただふらふらと歩くだけでもとても魅力的に思えた。本当に素敵な俳優さんだなぁと思った。彼が出演している作品をもっともっと見てみたくなった。また映画の世界が広がった。
| Movie | 02:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
FREE!! MUSIC PAPER
本日からブログSTARTです。
ブログ名の通りCD屋さんなどによくあるフリーペーパーみたいなサイトに出来ればと思ってます!!
コメント、トラックバックいつでもお待ちしています★気軽にどーぞ。
では!!!よろしくお願い致します。
| - | 03:54 | comments(1) | trackbacks(0) |